グループホームとは

グループホーム(共同生活援助事業)とは

障がい者グループホームの成り立ち

平成25年4月1日より施行された「障害者総合支援法」の中で、どなたが障害者と認定されるのか明確化し、翌年平成26年4月1日から【障害者グループホーム】の制度が成立しました。

ケアホームから『グループホーム』へ

平成25年4月1日からの「障害者総合支援法」により、「ケアホーム」と『グループホーム』は一元化しました。「ケアホーム」で提供されるサービスは、日常生活に必要な食事や入浴の支援が主だっており、さらに入居できる方は、障害程度区分2以上と限定されていました。

『グループホーム』へと変化したことにより、入居対象となる方は幅広くなった上に、提供されるサービスも入居者それぞれの希望に合わせた内容のものに変更できるようになったのです。

障害者グループホームの概要

そもそも『グループホーム』とは、自宅に住んでいるのと変わらない環境で、同じ障害を持つ方と少人数で共同生活を送る場所です。設計や環境づくりでは、障害者の孤立を避け、生活に対する不安を減らし、心体ともに安定して暮らしていける環境を提供致します。

プラーナリゾートは、場所の提供だけでなく、生活上のことや身体の相談など日常生活上のサポートします。

実際の介護というより孤立の防止や生活への不安の軽減、身体・精神的安定などが期待されています。

グループホームは地域で少人数の共同生活を支援するサービス

地域において共同生活を営むのに支障のない障害者にたいして、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において相談その他の日常生活上の援助を行うことをいいます。(障害者自立支援法第5条第16項)ご家族から離れて生活した方がいいケースや、日中活動の場が自宅から遠い、ご家族がおらず支援施設卒業後の住まいがない等、生活の場・居住の場がない利用者の方に対して支援を行いながら自立した生活を送って頂くためのサービスです。共同生活を送る事により、利用者の方の孤立の防止、生活への不安の軽減、共同生活による身体・精神状態の安定などが期待されています。

生活介護や就労または就労継続支援を利用しながら、地域で共同生活を営む住居に入居している障害のある方に対して、食事の提供・洗濯・掃除・生活等に関する相談・就労先や医療機関との連絡のほか、必要な日常生活上のお世話を行います。

・孤立の防止、生活への不安の軽減、共同生活による身体・精神状態の安定などが期待されます。

プラーナリゾートの共同生活援助について

プラーナリゾートは、少人数できめ細やかなサービスを提供しています。できるだけ家庭に近い生活を送れるように「温かみのある家庭を目指しています。」スタッフや他利用者と共に食事をしたり、時には外食をしています。洗濯や掃除などもみんなで分担し、それぞれができることを行います。一人ひとりの尊厳を大切にし、いつまでもその人らしく暮らせるように支援していきます。

入居対象者

【1】単身での生活は不安があるため、一定の支援を受けながら自由に暮らしたい方。

【2】施設を退所して地域での生活に移行したいが、いきなりの単身生活に不安がある方。

【3】障害者総合支援法に基づいて共同生活援助事業として障害者福祉サービスを受給された方々。

【4】地域において自立した日常生活を営む上で、相談等の日常生活上の援助が必要な障害者(身体障害者にあたっては、65歳未満の者又は65歳に達する日の前日までに障害福祉サービス若しくはこれに準ずるものを利用したことがある者に限る。)

グループホームの利用料金

サービス利用料金(厚生労働大臣が定める額)の1割を利用者が負担します。月の利用料負担の上限額は世帯収入等によって、定められています。家賃35000円と食費・光熱費の実費は利用者の負担となります。

活動内容

日中事業所の作業を終えられると、散歩に出かける方も入れば、夕方まで自室でゆっくり過ごされる方もおられます。食後にティータイムを行ったり、DVD鑑賞の時間をとられたり利用者さんそれぞれが自分の時間を過ごされます。また当ホームはすぐ前が海なので砂浜でバーベキューをする方もいらっしゃいます。

高齢者のグループホームと障がい者グループホームの違い

『グループホーム』は、【障がい者グループホーム】と【高齢者認知症のグループホーム】と2つに大別されます。入居対象者が異なることは明白ですが、サービス内容や入居者に対する対応も異なりますので、ご紹介します。

障害者グループホーム

一つのグループホームに、違う症状の障害者と混在して共同生活するのではなく、知的障害者や精神障害者など専用のグループホームが設立されています。
共同生活をしていく中で、同居者と一緒に行う作業時間が設けられ、仕事をする感覚にも慣れていくことができます。
少しずつ社会の中に入って、自立・就労していくことや、自尊心を育むことを目的として運営されています。

高齢者のグループホーム

高齢者で認知症と診断された方が入居します。入浴や排泄、食事といった生活をしていく中、必要となる生活行動の訓練が行われます。入居者同士お互いにコミュニケーションをとり、季節行事などのレクレーションを通じて、一緒に時を過ごします。自宅で過ごしているようなアットホームな環境の中で一緒に生活をしていき、認知症の進行を遅らせることを目的として、運営されています。

 

 

© 2021 プラーナリゾート